So-net無料ブログ作成

映画 「何者」 [映画]

ネットフリックスで観ました。

映画 「なにもの」
原作:朝井リョウ 監督:三浦大輔 出演: 佐藤健、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之 ほか
東宝(株)(DVD¥3600くらい) オススメ度 ★★★☆☆

原作未読です。

私は、どういう訳か永らくこの作品を「ホラー」だと思い込んでおり、
「豪華なメンバーだなー。(観るのは)取っておこう」
などと思っていました。

実は、就職活動の時のいろいろ、のお話でした。
まあ、青春群像でしょうか。

ただ、もっと「熱い」話なのかと思っていました。
もっと「恋愛模様」が強く出てくるのだろうとも思っていました。
どちらも、ちょっと違ったみたい。

私自身は所謂「資格」を取って就職したクチでしたし、
私の就職適齢期には、このような熾烈な「就活」は存在していなかったので、
最近の若い人はカワイソウだな…と思いました。

詳しくはまた今度。
タグ:★★★☆☆
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「バード・ボックス」 [映画]

はじめに書いておきます。
この映画には、サンドラブロックが目かくししているシーンがあります。
これに影響を受けて、昨年から海外で、「目隠しで何々する」動画が流行したようです。
すぐに「真似をするな」というコメントが出されました。
絶対に真似してはいけません。危険です。

**********

ネットフリックスで見ました。
Netflixオリジナル。
2018年11月公開の作品のため、まだDVD等はありません。
原作本「Bird Box」も販売ナシ。私も未読です。

映画 「バード・ボックス」
原作:ジョシュ・マラーマン 監督:スサンネ・ビア
出演:サンドラ・ブロック、トレヴァンテ・ローズ、ジョン・マルコヴィッチ ほか
オススメ度 ★★★☆☆

ジャンルとしてはSF、またはパニックもの?
『バード・ボックス』というのは鳥の巣箱の事みたいです。
途中でも出てきますが、ラストで改めて「なるほどね!」と思う仕組み。

以下、超ネタバレ。

続きを読む


タグ:★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「エクス・マキナ」 [映画]

ネットフリックスで見ました。

映画 「エクス・マキナ」
監督:アレックス・ガーランド 出演:アリシア・ヴィキャンデル、ドーナル・グリーソン、オスカー・アイザック ほか
NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン(¥1000くらい)
オススメ度 ★★★☆☆

「エクス・マキナ」とは、「機械仕掛けの」という意味です。
本来は「デウス(神様)・エクス・マキナ」という演劇用語だそう。
収集がつかなくなったお話を、突然登場した神様が一気に解決して、
大団円に導くという手法のようです。
これに似たものに「夢オチ」があるそう。なるほど。

ただ、この作品では、↑の意味ではなく、「機械仕掛けの何か」だと思われます。
機械仕掛けの何なんでしょう?
私は「悪女」としたい。

以下、超ネタバレ。

続きを読む


タグ:★★★☆☆
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「ザ・コミットメンツ」 [映画]

本当に、今さらなんです。
DVDもCDも、もう、中古しか無いんです。
それでも、もし、観る機会があるならば、音楽好きの方に是非、観ていただきたい。
(音楽だけなら、Youtubeで聞けます)

ザ・コミットメンツ [DVD]

ザ・コミットメンツ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD

映画 「ザ・コミットメンツ」
原作:ロディ・ドイル(『おれたち、ザ・コミットメンツ』)
監督:アラン・パーカー
出演:ロバート・アーキンズ、アンドリュー・ストロング ほか
 (中古で2000~4000くらい) 
オススメ度 ★★★★☆
ソウルが大嫌いな人もいるかな、と1マイナス。
そうでなければ、★★★★★ です。

アイルランドのダブリンに住むジミーが、
「本当のソウルをやりたい」とバンドメンバーを集めるお話。

とにかくボーカルの声にヤラレる。
マネージャー役で、本編で一切歌わなかったロバート・アーキンズが、
実は激歌ウマで、本編の終了後に歌う、というのがまた良い。
(ただし、私はDVDを持っているので、↑これがボーナスで、
 レンタル落ちには入っていないシロモノなのか、
 普通に全てに入っているのか、わからないです。)

冒頭に、Youtubeで見てねと書きましたが、本編を見ないで聞いても、普通に「ふーん、すごいね」って感じにしか、聞こえないんだろうなあ。残念。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「バトル・ロワイアル」 [映画]

今更ながら、ネットフリックスで見ました。
2000年公開。




映画 「バトル・ロワイアル」
原作:高見広春 監督:深作欣二
出演:ビートたけし、藤原竜也、前田亜季、柴咲コウ、栗山千明、塚本高史 ほか
東映ビデオ(株)(DVD¥3000くらい) オススメ度 ★★☆☆☆

面白くないわけじゃないけど、すすめられないなぁ。
中学生の殺し合いは殺伐としすぎ。

ただ、多くの映画に影響を与えたと言われている映画だし、
いま一線で活躍している俳優たちが、まだ若~い時を見られるので、
(最も有名なのは、タランティーノが、この映画を見て栗山千明さんを
自作に起用した事か)それを目的に観るのは良いかもしれません。

以下、ネタバレ。

続きを読む


タグ:★★☆☆☆
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「サイレントヒル:リベレーション3D」 [映画]

ネットフリックスで見ました。

映画 「サイレントヒル リベレーション スリーディー」
監督:マイケル・J・バセット 出演:アデレイド・クレメンス、ショーン・ビーン ほか
(株)ハピネット (DVD ¥3600くらい)
オススメ度 ★★☆☆☆

オススメ度低めの理由は後述。

「Revelation」は、啓示とか暴露という意味です。
今作は、映画「サイレントヒル」(2006年)の続編で、2012の作品です。
「2012-2006=6」ですが、映画の中では10年くらい経過している設定みたい。
前作で小学生くらいだった子が、高校生くらいになって出てきます。

原作(ゲーム)との関連でいえば、前作が1作目の、今作が3作目の映画化です。
1作目と3作目の登場人物が共通していて、2作目は別人だからでしょう。

私は、ゲーム未プレイです。
人がプレイしているのを見たことだけ、あります。
見ているだけで怖かったです。

以下、超ネタバレ。(前作の激ネタバレも含みます。)

続きを読む


タグ:★★☆☆☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「イコライザー」 [映画]

テレビ(BS)でみました。
「イコライザー2」の公開に伴って、前作が放送されたようです。

主演はデンゼル・ワシントンなのですが、なぜか楽天のDVDのページには、
「クロエ・グレース・モレッツ 」と書いてあります。何故。

映画 「イコライザー」
監督:アントワーン・フークア 出演: デンゼル・ワシントン、クロエ・グレース・モレッツ、マートン・ソーカス ほか
(株)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(DVD¥1000 税込)
オススメ度 ★★★★☆

面白かったです!
お約束満載。
そして、真面目に淡々と荒唐無稽。
リアルな話をお望みの方は、見ないほうが良いでしょう。で、星1マイナス。

ちなみに、YouTubeでソニー・ピクチャーズエンタテインメントが、
今作と「2」の名シーンをどんどん出しちゃっています。
ネタバレも何もあったもんじゃない。
ですが、お勧め。
(ただし、戦闘シーンは映画そのままではなく、編集してあるようです。)

以下ネタバレ。

続きを読む


タグ:★★★★☆
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「カメラを止めるな!」 [映画]

だいぶ評判が高い映画です。
そういう映画を、アマノジャクの私はあまり見ないのですが、
「これまでの評判が高い映画と、何かが違う」と感じたので、映画館に観にいきました。
で、「なるほど!」と思いました。

↓まだDVD等出ていないので、ファンブック。

映画 「カメラを とめるな!」
監督:上田慎一郎 出演: 濱津隆之 ほか
オススメ度 ★★★★☆
 特に、「映画好き」の方にお勧めします。
 ゾンビ映画が苦手な方でもみられる内容だと思いますが、念のため1マイナス。

以下、ちょっとネタバレ。

続きを読む


タグ:★★★★☆
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

映画 「セル」 [映画]

ネットフリックスでみました。
原作本を読んで感想を書いたのは、10年前だった。マジか。
記事はこちら
↑にも書いていますが、この「セル」は、携帯電話の事です。

念のため書いておきましょう。
この映画は「ゾンビ映画」ではありません。



映画 「セル」
原作:スティーヴン・キング 監督:トッド・ウィリアムズ
出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン ほか
松竹(DVD¥2900くらい)
オススメ度 ★★★☆☆(何も考えないで血肉ドバーを見るだけなら。
            理由とかを考えてしまうと、星1個。)

デ・ジャ・ヴー。
ジョンキューザックとサミュエルエルジャクソン。
「1408号室」じゃないッスか。(当ブログの記事はこちら

何か、パラレルワールドを見せられているみたい。
もちろん違う人です。
「1408号室」は2007年、「セル」は2016年に撮影されています。

以下、超ネタバレ。

続きを読む


タグ:★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「鬼談百景」 [映画]

ネットフリックスでみました。


映画 「きだん ひゃっけい」
原作:小野不由美 監督:中村義洋 ほか
出演(ナレーション):竹内結子
(株)ハピネット(¥4000くらい)
オススメ度 ★☆☆☆☆

星が少なめの理由は後述。

原作は九十九の連作(短編小説集)で、次の「残穢(ざんえ)」という長編小説と合わせて百話になる、という趣向だそうです。(私はいずれも未読)
いわゆる「百物語」です。
ただ、「残穢」を見るからといって、これを見なくても良いと思う。

「鬼談百景」も「残穢」も、小説家のもとに寄せられた読者の体験談です。
(という、『てい』で書かれた創作なのかもしれない。)

映画は、99のうち、10話を映像化したものです。
なぜか1回だけ映画館で上映されたらしい。
なぜ1回だけ?怪しい。

以下、ネタバレです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。