So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画 「バトル・ロワイアル」 [映画]

今更ながら、ネットフリックスで見ました。
2000年公開。




映画 「バトル・ロワイアル」
原作:高見広春 監督:深作欣二
出演:ビートたけし、藤原竜也、前田亜季、柴咲コウ、栗山千明、塚本高史 ほか
東映ビデオ(株)(DVD¥3000くらい) オススメ度 ★★☆☆☆

面白くないわけじゃないけど、すすめられないなぁ。
中学生の殺し合いは殺伐としすぎ。

ただ、多くの映画に影響を与えたと言われている映画だし、
いま一線で活躍している俳優たちが、まだ若~い時を見られるので、
(最も有名なのは、タランティーノが、この映画を見て栗山千明さんを
自作に起用した事か)それを目的に観るのは良いかもしれません。

以下、ネタバレ。


「出演者たちが中学生に見えない」事は差し引くとして(末尾参照)、
トンデモ映画の一つである事は間違いないだろう。

舞台は、「大東亜共和国」。日本ではない。
年に一度、「BR法」という法律に基づいて、任意に選ばれた中3の1クラスが、
最後の一人になるまで、殺し合う事になっている。
(映画では、法律の詳細まではわかりませんでした。
 中学生にナメられる大人…という場面が何度か出てきたので、
 『大人をなめるな』という意図で始まった、という意味か?)

戦いに反対した現担任は、既に殺害され、
かわりの担任は、過去に担任だった事がある「キタノ」。
(演・北野武さん。原作には無いキャラらしいので当て書きかも。)
「この国はダメになった」と、生徒たちに戦いを強要する。

生徒たちには、爆発機能付きの首輪が装着されている。
参加拒否、妨害する者は、すぐに爆発→殺害される。
全員に武器がランダムで支給されているが、
中には「拡声器」や「鍋のふた」など、武器として疑問な物も
含まれているので、普段の力関係が反映しない状況になる。

リミット時間まで複数が残っていると、残った全員が殺害されるので、
仲良しグループはバラバラ、疑心暗鬼になるばかり。
絶望して自殺する生徒もいる。

主人公(藤原竜也)は、父一人子一人だったが、
父が自分宛の「ガンバレガンバレ…」という書き付けを残して
自殺してしまい、現在は天涯孤独の身であるらしい。
彼は、この状況を素直に受け入れている訳ではないが、
幼なじみ(前田亜季)を守るために、やむを得ず戦う事になる。

主人公の幼なじみ=ヒロインなんだけど、
他の女傑の影響で、残念ながらあまり目立たない。

例えば、柴咲コウの「相馬光子」。かなりクレイジー。
ミツコといえば園子温監督じゃないですかー。
「深作監督は心の師匠」と言っている園監督が、自作品の登場人物名に
ミツコを多用するのは、この「光子」の影響かも、と思った。

例えば、栗山千明。ややクレイジー。
ただ、タランティーノが見い出した栗山千明の良さは、
ごめんなさい、私には見えなかった。
普通に可愛かったけど、そこ?

そんな彼女たちも、当然の事ながら、
なんだかんだでいなくなってしまうんですけど。

中盤と終盤、キタノがヒロインにこだわっている事がわかるのだが、
「なぜ?」と思ったし、「それならなぜ序盤から肩入れしなかったのか?」と思った。
以前からの二人の関係が、映画ではあまり描かれず、
キタノがひいきしたくなる何かが、よくわからなかったから。

これも、ヒロインがヒロイン然として見えない理由だろう。
(表面だけ見れば、キタノが彼女を好きだった、という解釈も可能か。
 もしくは、キタノの娘役で、彼女の実姉の前田愛が、声だけ出演しているので、
 彼女が、自分とうまくいっていない実の娘と似ているから、
 娘がわりに…とみる事も可能かもしれない。深読みしすぎか。)

最後、軍隊がちゃんと確認しないで撤退するのはご愛敬。
そのお陰で、やっぱりね、の生還シーン。
これからどうやって生きていくんだよ?で終わった。

多分、秋也(しゅうや)君は、「カイジ」と名前を変えて、
過酷な環境に身を投じつつ、生きていくのであろう…。(嘘ですよ)

この作品にテーマを求めて良いのか迷うけれど、
大人たちが軒並み、自分の頑張りを放棄して、子供たちにガンバレと言うのが気に障った。
この国をダメにしたのは中学生のせい…だけだろうか?
でももう大人たちはガンバレなくなっちゃったんだね。
大人も子供も、どちらもかわいそうだなあ。


参考…撮影が1999年として
 藤原竜也 17歳
 前田亜季 14歳
 山本太郎 25歳
 柴咲コウ 18歳
 栗山千明 15歳
 安藤政信 24歳
 塚本高史 17歳
 ビートたけし 52歳

タグ:★★☆☆☆
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。