So-net無料ブログ作成

絵本(文庫版) 「ポテト・スープが大好きな猫」 [その他]


ポテト・スープが大好きな猫 (講談社文庫)

ポテト・スープが大好きな猫 (講談社文庫)

  • 作者: テリー・ファリッシュ (作)
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/12/12
  • メディア: 文庫


絵本 「ポテト・スープが だいすきな ねこ」
作:テリー・ファリッシュ 絵:バリー・ルート 訳:村上春樹 講談社文庫(¥500 税別)
オススメ度 ★★★☆☆



私は以前にも「村上春樹訳の猫の絵本(文庫版)」を買っています。

空飛び猫 (講談社文庫)

空飛び猫 (講談社文庫)

  • 作者: アーシュラ・K. ル・グウィン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/04
  • メディア: 文庫

帰ってきた空飛び猫 (講談社文庫)

帰ってきた空飛び猫 (講談社文庫)

  • 作者: アーシュラ・K. ル=グウィン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/11
  • メディア: 文庫


この2冊です。
空飛び猫シリーズのはじめの2作ですね。
このシリーズには続きも出ていますが、買っていませんでした。

「ポテト・スープ…」は空飛び猫シリーズではありません。
久々に、店頭で「猫+村上春樹」の組み合わせを見て、なんだか懐かしいなーと思って購入しました。

筋書きは…こういってはナンでしょうけど、これといって大きく感動するわけではありません。
あまりにもネタバレになるからはっきり書けませんが、動物モノって、「嫌な予感」を感じながら読むことってありませんか?「私、泣くことになるんだろーなー、チカラワザで感動させられちゃうんだろーなー」みたいな。
でもこの作品に、それは無かったです。

猫を飼っている人なら「あーなるほどね、わかるわー」と思うような、そんな感じのお話。
語弊があるかも知れませんが、「その程度のお話」。
(飼っていない人には、全然ピンとこないんだろうな。)

老人、猫、釣り。
…って…、あの有名な作品っぽいけれど、そういうわけでもなく。

これ、絵が良いんですね。
ファンシーな可愛さじゃなくて、そのものが持つ可愛らしさが出ている感じで。
もう一歩ポップ(マンガチック)だったら、コドモっぽくなってしまって、「はあ。わかりました。で、一体何が面白いんです?」という感じになっていたんじゃないでしょうか。
翻訳した村上春樹も、あとがきで、「表紙の絵が気に入っ」たのが翻訳のきっかけになった、と書いています。

でも、じゃあ大判の絵本で買い直すか、っていうと、それは無いです。
そこまでは。

ごめんなさいね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。