So-net無料ブログ作成

小説 「憑神」 [小説]

憑神 (新潮文庫)

憑神 (新潮文庫)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 文庫
小説 「つきがみ」
浅田次郎 新潮文庫(¥540 税込)
オススメ度 ★★★☆☆ (武士道是全て!と思う人には★★★★☆)

通常だとオススメ度は星3つ。オススメ度が低いのではないか、と思う人も多いのではないだろうか。
あの浅田次郎の作品だし、妻夫木聡主演で映画にもなっているし。

時代は幕末。そろそろ開国?というあたり。
しかし主人公はいまだに「旧き良き時代」の武士道を(ひとりで)歩んでいて、疑念も持っていない。
だから、現代人から見ると「理不尽そのもの」の状況を受け入れることもできるのだろう。

たとえば、家督を継いでいる長兄は、「この仕事(将軍の影武者用の衣装をケアする係。最近めっきり戦がないので、影武者も無用なため、とても暇。)って、あんまり意味ないんじゃないかなー、お金だって無いし、この際もう武士なんかやめちゃっても良いかなー。」なんて思っているが、それが態度の端々にあらわれるので、次男である主人公は、それを苦々しく思っている。
もし継いだのが自分だったら、きちんと勤めるのに!と思っている。

武士として何とか出世したい、と思っているので、「武士たるもの情けないかも…」と知りつつ、ついつい神頼みをしてしまう、のだが、祈った相手が悪かった。
貧乏神、疫病神、死神のコンボ開始。今さら解約できません!という感じ。

私が星を一つ減らした理由は、この、主人公の、なんていうのかなあ、美学というか、「武士の一分」のおかげで、結局周りの者が迷惑することになるから。
それと、最後のほう、開国のために力を貸してくれ、と勝海舟から声がかかるんだけど、断っちゃうんだよね、そして自分の「武士道」を貫くわけですよ。
これ、状況によっては美談なんだけど。

大義のためなら何をしても良いのだろうか?
私は、「○○のためなら何をしても良い」という考え方が嫌いだ。だから星をマイナスしたわけです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。