So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 「ダイ・ハード」 [映画]

今更ですが、テレビでみました。

映画 「ダイ・ハード」
監督:ジョン・マクティアナン 出演:ブルース・ウィリス、ボニー・ベデリア、アラン・リックマンほか
20世と紀フォックスホームエンターテイメントジャパン(株)
(ブルーレイ版¥1000くらい) オススメ度 ★★★★☆

今更なんですけど、何度見ても面白いですね。
日本での公開は1989年、平成元年。
映画館で観ました。
(クライマックスのあたりで、映写機トラブルで画面が止まってしまい、私はそうとは知らず『斬新な演出だなあ』と思いました。いつまでも画面が動かず、館内がザワザワしてきて、やっとトラブルだと気づきました。やれやれ。)

今回みたのは、野沢那智の吹き替え版。
良いですねぇ。
村野武範版も好きですが、野沢版の方が泣き言を言うシーンにぴったりな気がします。
あ、すみません、他のバージョンは未見です。

ホント今更だし、詳しくはまたそのうちに。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「フロム・ダスク・ティル・ドーン」 [映画]

Netflixでみました。
(↓シリーズ物しか売ってない…1巻だけのが無い…。)

映画 「フロム・ダスク・ティル・ドーン」
監督:ロバート・ロドリゲス 脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:ジョージ・クルーニー、クエンティン・タランティーノ、ハーヴェイ・カイテル、ジュリエット・ルイス ほか
(株)KADOKAWA(ボックスが1万円くらい)
オススメ度 ★★★☆☆  スプラッタが苦手な人には星ナシ!

↓ちょっとだけネタバレ。

ジョージクルーニーがタランティーノの映画に出ていた事を知らなかった。
かなり若い。(映画は1996年、彼が35歳の時。2017年現在56歳。)

この映画は、タイトルは知っていて、「ゾンビ映画だ」と思っていました。
ゾンビの「討伐もの」だと思っていました。
正しくは、導入のあたりは「レザボア・ドッグス」を想起させるクライムもの、途中から吸血鬼モノです。
多分、私は何か別の映画と間違えていたのでしょう。

ただ、当たらずといえども遠からず。
何この設定。

これはひどい!
ひどい映画です!!
もちろんほめ言葉として。ある意味。

詳しくは、またいずれ。
タグ:★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「鴨川ホルモー」 [映画]

テレビでみました。
原作小説については、全然記事書いてないけど。読みました。

映画 「かもがわ ホルモー」
原作:万城目学 監督:本木克英 出演:山田孝之、栗山千明、濱田岳 他
ポニーキャニオン(¥4500くらい)
オススメ度 ★★★★☆

今から8年前(2009年)の作品なので、出演者が皆、少し若い。
万城目氏の「昔、俺が若かった頃、こことは別の場所で」的な雰囲気が濃厚に漂う。
(と言っては失礼でしょうか、いつもそう思います。)
あえて一言でいうと、ああ青春!って感じ。
すごくわかって、痛痒いんですよね…。

あの頃、私たちは目に見えない何者かと戦っていました。
それは傍から見ると滑稽だったかもしれません。
「バカ」だった。
という感じ。

詳しくはまた今度。




タグ:★★★★☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アニメ映画 「アナと雪の女王」 [映画]

3月にテレビでみました。
未見でしたが、大体の話は知っていた…つもりでしたが、かなり違いました。
私の想像では「アナのお姉さんが何か(誰か)にたぶらかされて、悪い雪の女王になる」ハズでしたが、別に誰にも何も言われませんでしたね!ハッハハ。

映画 「アナと ゆきの じょおう」
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー 声(日本版):神田沙也加、松たか子、原慎一郎、ピエール瀧ほか
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (¥3400くらい)
オススメ度 ★★★☆☆

以下、ちょっとネタバレ。
この映画はネタバレしていても大丈夫だと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「トキワ荘の青春」 [映画]

3月上旬、テレビでみました。
「トキワ荘」は実在したアパート名で、有名な漫画家さんが多く住んでいたことで知られています。
その有名な漫画家さんたちが誰なのか、知ったうえで見ないと、全然意味がわからないと思います。

映画 「トキワそうの せいしゅん」
監督:市川準 出演:本木雅弘、鈴木卓爾、阿部サダヲほか
バップ(¥3000くらい) オススメ度 ★☆☆☆☆

オススメ度が低くてごめんなさい。
でも、このような「予備知識が必要な映画」は私にとってはマイナス点なので。

とにかくずーっと先輩の昔話を聞かされている感じでした。
「ほら知ってるでしょ、何年前に卒業した誰々さん、あの人がね…、
 え、知らない?誰々さん知らないって?ふーん、まあいいか、
 すごい人だったんだよ誰々さんって、んで、その人がね、
 何々さんの手伝いをしていてさ、あーキミ何々さんも知らないんだったか、
 まあいいや、何々さんの手伝いを誰々さんがしていてうっかり眠っちゃってさ、
 何々さん怒っちゃって、もうすげー面白かったの、それでさー、…」
と延々と聞かされました。
という感じ。

もちろん、知っている漫画家さんがたくさん出てくるんだけど、
「その頃、その人に何が起こっていたのか」とか、
「その頃、何を連載していたのか」までは知らないわけです。
だから、画面を見ているだけではピンと来ないことが多くて、
ウィキペディアを見ながら映画を見なければ意味がわかりませんでした。すみません。

あと、役者の声が小さくて聞こえにくいし、どれが誰だかさっぱりわからない。
リアリティには欠けるかもしれなけど、呼び合って欲しかった。
重鎮たちのスゴさを後世に伝えたいなら、きっちりナレーションも必要だったかも。
代表作は何、みたいなキャプションがあっても良かったのかなあ、でもそんな説明は興をそいでしまうのかなあ。
うーん。難しい。

タグ:★☆☆☆☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「パリの恋人」 [映画]

オードリーヘプバーン!
フレッドアステア!
ガーシュウィン!!

(昨年の)11月にテレビで観ました。
ずいぶん前、子供の頃に観たきりだったと思います。
ストーリーを初めて認識しました。
こういう話だったのね、っていうかこういう話だったのか。



映画 「パリの こいびと」
監督:スタンリー・ドーネン、出演:オードリー・ヘプバーン、フレッド・アステア、ケイ・トンプソンほか
パラマウント・ジャパン合同会社(¥1000~1500くらい)
オススメ度 ★★★☆☆

正直、お話自体はイマイチです。
強引な…というか意味不明な展開や、ご都合主義的な部分がたくさんあって、「え…有名な作品の割には、こんな話?」と不思議に思ったくらい。

でもたぶん、そんな事、どうでも良いんです!
途中に出てくる、フレッドアステアの傘を使ったダンスを見るだけで、もう、良いんじゃないか!!
と思ったくらい。
とても、とても素晴らしかったです。

オードリーは今流行(?)のコンテンポラリーなダンスを踊ります。
バレリーナなんだなァ。

しばらく放置しておいてナンですが、詳しくはまた今度。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「白雪姫と鏡の女王」 [映画]

テレビでみました。
ラストの後の、白雪姫が歌うシーンが一番良かった。
白雪姫のリリー・コリンズはフィル・コリンズの娘さんで、本人が歌っているようです。
「I BELIEVE IN LOVE」という曲です。
この方、最初は「まゆげ濃すぎる!」と思って気になるんですけど、やがて慣れてきて、アメリか、オードリーヘップバーンみたいに見えてきますよね。


映画 「しらゆきひめと かがみの じょおう」
監督:セータム・シン 出演:リリー・コリンズ、ジュリア・ロバーツ、アーミー・ハマー、ショーン・ビーンほか
ギャガ/ハピネット(¥2400くらい) オススメ度 ★★★☆☆

↓以下、ネタバレ。

続きを読む


タグ:★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「ヒッチコック」 [映画]

ちょうど1年くらい前、テレビでみました。
書きかけでした。

映画 「ヒッチコック」
監督:サーシャ・ガヴァシ 出演:アンソニー・ホプキンス他
20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン (¥1000 税込)
オススメ度 ★★★☆☆

↓少しネタバレ。

昔、ヒッチコックが「サイコ」を作ったあたりの話です。

既にヒットを飛ばしていたヒッチコックですが、今作については、割と周りの反応は冷淡。
本当にあった猟奇殺人を事件もとにした原作なので、リアルすぎるというか、それまでのスタイリッシュな作品とは違うと誰もが感じたのかも。
資金調達もうまくいかず、自分の財産を使わなければならなくなります。

役者もスタッフも、なかなか重い通りにならないし、奥さんからも反逆されてしまう。
(当時、奥さんは彼の映画の脚本を書いていた)
でも、思い通りにならなくて良かったのね、結果的には。

皆さんご存知のとおり、「サイコ」は大成功します。
でもそれは、紆余曲折あったからこそ。
編集方針が違っていたら、失敗していたかも。奥様のお陰ですね。

アンソニーホプキンスがだんだんヒッチコックに見えてくる。
でもさ結構バカオトコなんだよねぇ、女性に対するコンプレックスも救いがたいし。
「皆が思っているほど偉大じゃないんですよ」という意味だと思うんだけど。
でもさー何だかコントみたいじゃない?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「ブロークン・フラワーズ」 [映画]

テレビでみました。

映画 「ブロークン・フラワーズ」
監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン、ホーマー・マーレイほか
TCエンタテインメント(株) (¥4500くらい)
オススメ度 ★★★☆☆

以下、超ネタバレあり。

続きを読む


タグ:★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 「さらば あぶない刑事」 [映画]

映画版7作目、昨年(2016年)1月に公開。
テレビでみました。
これまであまり見たことがなかったのですが、これで最後ということだったので、見てみました。

映画 「さらば あぶない でか」
監督:村川透 出演:舘ひろし、柴田恭兵、仲村トオル、浅野温子 ほか
(株)バップ(¥4428 税込) オススメ度 ★★★☆☆

以下、ちょっとネタバレ。

なるほど。
面白かったです。
ただ、オリジナルを知っていればもっと面白かったのでしょう。
二人が定年退職間近だとか、脱サラ(?)した元同僚に会ったりとか、多分、本来のあぶない刑事を知っていれば、もっとウケたのでしょう。

夫と一緒にみていたら、最後に「私たちの旅はまだまだ続くのでした」って感じでピョーンと跳び上がった時に、「あっ懐かしい」と言っていました。
そう思えるという事が、ちょっとうらやましかったです。

第8作を作れば良いと思いました。
タイトルは「刑事よりあぶない」のセンでどうでしょうか。
もしくは、「あぶなかった刑事」か「あぶない刑事だった」とか?

タグ:★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る