So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 「帝都大戦」 [映画]

NETFLIXでみました。
過去に観たような気がしていたのですが、初めてでした。

DVDの新品は無し。
Amazonで中古なら売っていました。(楽天は中古VHSだけ…)
帝都大戦 [DVD]

帝都大戦 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD


映画 「ていと たいせん」
原作:荒俣宏 監督:一瀬隆重
出演:加藤昌也、南果歩、島田久作ほか
角川エンタテイメント(Amazonにて中古で6千円くらい) オススメ度 ★★☆☆☆

「帝都物語」の続編です。
前作の「帝都物語」について書いた時、「夫が面白くないと言ったので驚愕した」と書きました。→こちらです。
そして今回、夫は「帝都物語より、帝都大戦の方が面白い」と言って、私は二度目の驚愕を味わいました。
私にとっては逆だったからです。

なぜだ?
と、真剣に考えました。
そして、なぜこのような現象が起こったのか、理解しました。

以下、ネタバレです。

映画の「帝都物語」のキモは、オタクっ気ではないでしょうか。
最近の言い方でいえば「中二病」でしょうか。
帝都物語の中で繰り広げられる戦いは、中二病者の大好物ですよね?
「式をうつ」とか「手印を組む」とか。

さらに、文学についてのちょっとの知識があれば、もっと楽しめるでしょう。
「ああ、天災は忘れた頃に…って言った人か」的なことです。
(だから何だ、とまでは考えない。)

しかし、映画の鑑賞者として我に返ると、不完全さに忸怩たるものがある。
だから何度も観てしまい、「もっとこうすれば…」なんて思ってしまうわけです。

一方、夫は、帝都物語を大人になってから(先日)初めて見ました。
夫もかつては中二病的要素があったと思います。
が、今や、既にその要素は薄れている「大人」だと思います。

帝都物語のキモが中二病的要素であると仮定すれば、
大人にとって、帝都物語が「面白くない」と感じるのは当然かもしれません。

さて。

「帝都大戦」は、サイキック(超能力)による対決です。
陰陽(おんみょう)は全く出てきません。

念仏の力で海外の要人を暗殺し、第二次世界大戦を終結させようとする、という発想には、ややオカルトな匂いがしますが、力を機械で増幅するというのは、興ざめです(中二には)。
そんな機械が必要だなんて、弱すぎる力だからです。
もちろん、すげぇ機械だな!と萌える人もいるかもしれませんが、少数派でしょう。

ヒーロー役の青年の力も、増幅されてやっと加藤と戦える、という…、
「幻魔大戦見習って!」と言いたくなる展開。
(タイトルのせいか、私は時々幻魔大戦を思い出してました。)

超能力で戦う映画は、数えきれないほどあります。
「ありきたりだ」と言ってしまえばそれまでですが、
恐らく帝都大戦は、一般人の鑑賞に耐える作品として作られたのだと思います。

もちろん(?)、オタクな要素はちょっとあります。
例えば、話の流れに関係なく、気味の悪いモンスターが出てくる場面があります。
これは監督のこだわりなのでしょう。
(同監督がプロデュースした『星くず兄弟の伝説』で、唐突にモンスターが出てきて、
 「何だったんだ?っていうかこれ必要?」と思ったのを思い出しました。
 単に手塚眞監督の趣味だったのかもしれませんが。)

でもやっぱり、普通なのよね。
だからDVDも無くなっちゃうのよきっと。

色々、乱暴な展開があるし、
せっかくの雪子ちゃんの力が一瞬しか出てこないし、
相変わらず加藤がなぜ東京だけにこだわるかわからないし、
将門も相変わらず全く非協力的なままだし、
ていうかあまり関係なくなっちゃってるし、
「加藤加藤」言ってると主演の加藤昌也と混乱するし、
高密度のエクトプラズムはこの上なく気持ち悪いし、
だし、だし。

それで私は「帝都物語のほうが帝都大戦より面白い」と思ったわけですが、
↑の要素を同じようにとらえても、夫は「帝都大戦の方が面白い」と思ったのです。

要するにこれは、「帝都物語を若い頃に観てしまった者」の宿命なのだ!
もう治らない。
帝都物語のDVDがいまだ現役という事実から考えると、そういう人が多いのだと思います。

私はまたいつか、帝都物語を観るであろう。
帝都大戦は、多分もう、観ないであろう…。

タグ:★★☆☆☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る