So-net無料ブログ作成
検索選択

セルフネイルTips トップコート [ネイル(非レビュ)]

セルフネイルのちょっとしたコツなど。
アマチュアなので専門知識は無いけれど。
 ネイル設計図についてはこちら。
 ベースコートについてはこちら。
 マニキュアについてはこちら。
 市販ネイルシールについてはこちら。
 自作ネイルシールについてはこちら。

*** トップコート ***

ベースコートとトップコートが兼用のものもある。
時々ちょこっと楽しむならそれで十分だと思うけど、
私は週イチペースで塗り替えているので、ベースとトップは分けています。


<ベースコートとトップコート兼用>
(1)資生堂の「インテグレート」トップ&ベースコート
(2)伊勢半の「キスミーフェルム」トップ&ベース

ベースコートの記事でも書いていますが、どちらも悪くは無いです。
しかし、粘度が増すととたんに使いにくくなるので、現在では自作ネイルシール作成用に使っています。
いずれもトップコートとしては「薄づき」タイプ。
爪の輝き度は高からず、低からず。まあ、「普通のトップコート」です。
厚く塗ると空気が混じり、ブツブツ現象が発生しやすくなるので、厚塗りをしないほうが良いです。
厚くしたいときは、薄く塗って乾かして、薄く塗って…と繰り返す方式をおすすめ。

<トップコート専用品>
(1)セブンイレブンで購入したParaDo(パラドゥ)「グロッシージェル トップコート」
公式サイトの商品ページへのリンクはこちら
(2)ドラッグストアで購入した資生堂「マジョリカマジョルカ」の「ガラスドロップジェルコート」
 楽天へのリンク↓

ガラスの雫のように輝く、ジェル感覚のトップコート資生堂 マジョリカマジョルカ ガラスドロップジェルコート

 
(1)はジェル風厚塗りタイプ。一気に厚く塗っても、あまり空気は入らないようです。
 表面がツヤッツヤになります。
 渇きが速いです。
 ボトル半分を過ぎたあたりでドロッとなってきて糸を引き、非常に扱いづらくなります。(それはもう、ものすごい糸です。1メートルくらい何本も。)
 しかし、薄め液は入れない方が良いでしょう。
 試しに資生堂の薄め液を入れてみましたが、5ミリリットルに対して3、4滴では効果は無いように思いました。
 大量に入れると品質が変わるような気がして、試していませんが。
 (これはメーカーの補償外の行為ですので、全く推奨しません。)

(2)「ジェルのような」であって、ジェルではありません。やや厚塗りタイプ。
 ガラスのような硬質の仕上がりになりますが、(1)と比べると光沢は低く、マットに感じます。
 渇きは(1)に比べると遅いです。
 ↑と同様、半分を過ぎたあたりで糸引きが起こります。
 資生堂の薄め液についても、同上。効果は感じませんでした。
 さらに、薄め液を入れると、買ってすぐの頃に比べてますます光沢感が無くなった気がするので、1よりもさらにもっと、薄め液を加えるのには向かないのだと思います。

そもそもトップコート用の薄め液って、見かけないですよね?
エナメル用はたくさん出てるけど。
いずれ見つけたら使ってみようと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る